求人公募情報検索 : 研究者人材データベース JREC-IN Portal
     
トップ > 求人公募情報検索

求人公募情報検索


   研究分野で探す - 詳細情報



データ番号
Data number
D120090441
公開開始日
Date of publication
2020年09月09日
更新日
Date of update
2020年09月14日
求人件名
Title
「開発社会学」「国際開発学」准教授の公募(名古屋大学大学院国際開発研究科)
機関名
Institution
名古屋大学
機関または部署URL
URL of institution or department
部署名
Department
大学院国際開発研究科
機関種別
Institution type
国立大学
公募のURL
Job posting URL
求人内容
Content of job information

[機関の説明(機関概要(設立年、資本金額、従業員数等)、事業内容の詳細、募集の背景、プロジェクトの説明等)]


国際開発研究科のミッションは、グローバル化する世界が直面する諸問題の実態と解決策を研究するとともに、国際機関・各国政府・市民社会等による政策立案・実施過程に貢献することを通じて、持続可能なより良い社会を実現することです。課題解決の方策には技術的なアプローチだけでは不十分であり、社会科学の理論に立脚しつつ、政策的枠組みを理解し、変革する視点が必要です。国際開発研究科は、世界の研究機関や政策立案・実施機関と連携し、社会科学分野における学際的な研究教育を通じて、グローバル社会が抱える課題解決の方策を模索できる「勇気ある知識人」の育成をめざします。



[仕事内容(採用後の業務・職務内容、担当科目等)]


職務の内容は,次に掲げるものとする。
1)貧困と社会政策に関する講義科目最低2科目(英語)
2)演習Ⅰ・Ⅱ(英語)
3)「国際開発入門」及び「日本の開発経験」の一部(英語)
4)全学教育科目「国際開発学」「国際学」又は「基礎セミナー」(日本語)
5)修士論文及び博士論文の研究指導
6)国際開発海外実地研修及び国際開発国内実地研修
7)国際開発研究科等における管理運営業務
8)その他国際開発研究科において必要と認められる業務



[勤務地住所(就業場所の詳細等)]

〒466-8601
愛知県名古屋市千種区不老町1

https://www.gsid.nagoya-u.ac.jp/ja/general/access/pdf/map.pdf

[募集人員(職名・採用人数等)]

准教授
1名


[着任時期(採用日、着任日等)]


採用予定日は、
2021年(令和3年)4月1日です。

研究分野
Research field
1.
大分類
総合人文社会
小分類
地域研究
2.
大分類
社会科学
小分類
経済学
3.
大分類
社会科学
小分類
社会学
職種
Job type
1.
准教授・常勤専任講師相当
勤務形態
Employment status
常勤(任期なし)
勤務地
Work location
東海 - 愛知県 
応募資格
Qualifications

[業務に必要な特定分野の公的資格・条件(学歴、学位など)・経験(何年以上)、及び専門性等の詳細]


応募資格は,次に掲げるものとする。
1)開発社会学・国際開発学分野で貧困問題に関わる実証的かつ政策志向的な研究を行ってきた者。
2)博士号を取得していること。
3)英語及び日本語で講義及び学生指導を行うことができる者
4)担当分野又は関連分野において教育経験を有すること。
5)国籍は問わない。ただし,外国籍の場合は,校務及び学生指導に支障のない水準の日本語能力を有すること。
6)国際開発海外実地研修及び国際開発国内実地研修を担当する意欲のある者

待遇
Compensation

[採用後の待遇(職名、給与(賃金)、勤務時間、雇用形態、雇用期間・試用期間)] ※重要

1.職名:
准教授

2.給与:
年俸制(前職までの学歴・職歴に応じて初任給を計算する)

3.勤務時間:
専門業務型裁量労働制。
始業(8時30分)終業(17時15分)を基本とし,業務の遂行方法及び時間配分(始業,終業時刻及び休憩時間)については,労働者の裁量に委ね,使用者は具体的な指示をしない。
なお,1日のみなし労働時間は7時間45分とする。

4.雇用形態:
任期を定めない職員として採用。

5.定年制:
65歳に達した日以後における最初の3月31日をもって定年とする。



東海国立大学機構職員就業規則その他本学関連諸規程の定めるところによる。
(東海国立大学機構職員就業規則)
https://education.joureikun.jp/thers_ac/act/print/print110010928.htm


[時間外労働の状況、休憩時間、裁量労働制等はその旨、休日、各種保険(社会保険、労働保険)、各種制度(昇給、賞与、交通費支給、退職金、定年等)]


(1)時間外労働:有
(2)休日:土曜日・日曜日・祝日・年末年始休暇
    夏季一斉休暇(2日:大学の定める日)
(3)保険:文部科学省共済組合
(4)労災保険:加入
(5)雇用保険:加入
(6)給与:本学規程に基づく年俸制
(7)昇給:勤務成績を評価の上、一年に1回
(8)通勤手当:一か月あたり55,000円を上限として
     規程に定める方式により支給します。
(9)退職手当:有(本学規程に基づく)
(10)定年:満65歳に達した日以後における最初の3月31日を定年とします。

募集期間
Application period
2020年09月08日 ~  2020年10月30日 必着
応募書類はメールで提出する。電話による問合せには応じない。
応募・選考・結果通知・連絡先
Application
/selection
/notification of result
/contact details

[応募書類、応募(提出)方法(郵送・メール添付・Web応募利用の詳細など)、送付先(住所・メールアドレス・Web応募URL等)]


応募書類は下記の電子メールアドレスに添付ファイルで送ること。
1)履歴書(A4サイズ。書式は自由。連絡できるE-mailアドレス・電話番号を記載する。性別の記載・写真の貼付は任意。)
2)研究業績一覧。書式は自由。競争的資金の獲得実績がある場合は記載すること。
3)主要著書・論文(英語の業績があることが望ましい)(合計3点)。
4)国際開発研究科における教育・研究についての抱負(和文3000字程度)。
5)仮に「持続可能な開発と社会政策」という講義科目を担当するとした場合の講義シラバス案(講義の目的、講義の概要、15回の講義予定、教科書・参考書について、和文及び英文それぞれA4版1~2ページ)。
6)推薦者2名の名前、電話番号、メールアドレス

 
(送付先)
伊東早苗 ito@gsid.nagoya-u.ac.jp
(メールのタイトルは、貧困と社会政策担当准教授応募書類とすること)



[選考内容(面接・選考の場所、選考方法、採否の決定など)]



(選考方法)
1)第一次審査  書類審査
2)第二次審査  面接(2020年11月に国際開発研究科でオンライン又は対面で実施予定。英語による模擬授業を含む。)
※ 面接実施者については電話又はメールで通知する。面接の方法についてもその時に連絡する。



[結果通知方法、応募書類の返却可否等]


選考終了後に、通知する。
応募書類は返却しない。


[問い合わせ連絡先(担当者所属、役職、氏名、機関のメールアドレス及び、電話番号)] ※重要


名古屋大学大学院国際開発研究科
国際開発協力専攻 伊東 早苗
E-mail: ito@gsid.nagoya-u.ac.jp 
※電話による問合せには応じない。

添付書類
Attached documents
電子応募
Online Submission
この公募は、すべての応募書類を電子応募で受け付けできます。
JREC-IN Portal Web応募
不可
 
電子メール応募
ito@gsid.nagoya-u.ac.jp
求人機関
Web応募
不可
備考
Additional information

1)提出された書類は本選考のためだけに使用し, 返却しない。
2)面接に要する交通費は支給しない。
3) 名古屋大学は業績(研究業績,教育業績,社会的貢献及び人物を含む。)の評価において同等と認められた場合には,女性を積極的に採用する。ただし,履歴書等に性別を記載しない場合であっても,不利益が生じないよう配慮する。


機関紹介サイト
Information on external site
当該機関の外部サイト情報を新規ウィンドウで表示します。