求人公募情報検索 : 研究者人材データベース JREC-IN Portal
     
トップ > 求人公募情報検索

求人公募情報検索


   研究分野で探す - 詳細情報



データ番号
Data number
D122050781
公開開始日
Date of publication
2022年05月17日
更新日
Date of update
2022年05月17日
求人件名
Title
東北大学 大学院国際文化研究科 准教授又は講師 公募 国際文化研究専攻 多文化共生論講座
機関名
Institution
東北大学
機関または部署URL
URL of institution or department
部署名
Department
国際文化研究科
機関種別
Institution type
国立大学
公募のURL
Job posting URL
求人内容
Content of job information

[仕事内容(採用後の業務・職務内容、担当科目等)]
専門分野:文化学や社会学などを中心に人文科学あるいは社会科学関係の幅広い領域にわたる、多文化共生に関わる研究

担当科目:講座関連の大学院授業科目(講義及び演習等)
     グローバル共生社会研究系の系共通科目(「共生社会論」)
     全学教育科目(外国語科目または人文社会科学科目等)



[勤務地住所(就業場所の詳細等)]
仙台市青葉区川内41

[募集人員(職名・採用人数等)]
1名 准教授又は講師

[着任時期(採用日、着任日等)]
令和5(2023)年4月1日

研究分野
Research field
1.
大分類
人文学
小分類
全て
2.
大分類
社会科学
小分類
全て
3.
大分類
総合人文社会
小分類
全て
職種
Job type
1.
准教授・常勤専任講師相当
勤務形態
Employment status
常勤(テニュアトラック)
勤務地
Work location
東北 - 宮城県 
応募資格
Qualifications

(1)本研究科において、教育・研究に従事する資格があると認められる者で、博士の学位を持ち、大学卒業後5年以上を経過した者であること。なお准教授にあっては、大学における准教授、講師、助教又は助手としての教育経験年数3年以上であることを要し、講師にあっては、大学における講師、助教又は助手としての教育経験年数1年以上であることを要する。
 ただし、他の条件において特に優れている場合にあっては、上記の年数を短縮することができる。
(2)専門分野は、文化学や社会学などを中心に人文科学あるいは社会科学関係の幅広い領域にわたる、多文化共生に関わる研究とし、当該分野における十分な実績があると認められ、かつ日本語と英語の両方で講義ができる者であること。
(3)本研究科国際文化研究専攻多文化共生論講座の准教授又は講師として、講座関連の大学院授業科目(講義及び演習等)、グローバル共生社会研究系の系共通科目(「共生社会論」)、及び全学教育科目(外国語科目または人文社会科学科目等)を担当できる者であること。かつ、本研究科に開設されている英語による教育プログラム「グローバルガバナンスと持続可能な開発プログラム」の運営および教育にも従事できると認められる者であること。
(4)特段の事情がない場合は、本研究科が定めるテニュアトラック制による採用とする。
(5)「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律」第8条に基づき、女性教員の在籍率を改善するための措置として、公正な評価に基づき職務に必要とされている能力が同等と認められる場合は、女性を優先的に採用する。
(6)国籍は問わない。

待遇
Compensation

東北大学の規程による。

給与:東北大学職員給与規定によります。
勤務時間・休日:東北大学職員就業規則によります。
保険:文部科学省共済組合加入

募集期間
Application period
2022年08月01日 必着
応募・選考・結果通知・連絡先
Application
/selection
/notification of result
/contact details

[応募方法(書類送付先も含む)]
提出書類:
(1)履歴書1部(所定の様式による。写真貼付のこと。学歴は高等学校卒業以降)。
(2)研究業績一覧表1部、様式は任意(著書、論文、学会口頭発表、学位論文、その他等に分け、査読の有無を明記すること)。
(3)研究業績のうち、刊行されている主要な業績5点(抜刷り、コピーでも可。未公刊の学位論文等は除く)。主要な業績5点については、研究業績一覧表に○印を付すとともに、自己評価に基づいて順位を付けること。またこの5点については、それぞれ300字前後の日本語で概要を記載した別紙を添付すること。なお、選考中に研究業績の追加提出を求めることがある。
(4)次の2点について、それぞれ日本語と英語の2か国語で記述したもの。テーマごとに日本語でも英語でも、長さはA4サイズ1枚程度とする(計、A4で4枚程度)。
①これまで行ってきた研究の概要と学術的意義及び今後の計画など。
②これまで従事してきた教育活動について、授業内容や学生の研究指導内容、及び教育プログラムやカリキュラムの運営に関わる経験など。
(5)最近5年間における外部資金の応募(研究代表者のもののみ)および採択(研究代表者・分担者のもの)の状況について記述したもの。
(6)必要に応じて、ほかに資料の提出を求めることがある。

選考方法:書類選考後、面接(模擬授業を含む)を実施する予定である。模擬授業は多文化共生論に関わる内容について日本語で30分程度で行い、その後、10分程度で講義の概要を英語でも説明する。面接に要する交通費は支給しない。なお、感染症等の状況によっては、面接はオンライン方式で行う可能性がある。


書類提出先:
〒980-8576 仙台市青葉区川内41
東北大学大学院国際文化研究科長 宛
・封筒に「応募書類(多文化共生論講座)在中」と朱書し、書留郵便で送付すること。
・応募書類は原則として返却しない。


連絡先:
東北大学大学院国際文化研究科総務企画係
電話 022 (795) 7541
FAX 022 (795) 7583
電子メール int-som@grp.tohoku.ac.jp

添付書類
Attached documents
電子応募
Online Submission
この公募は、電子応募できません。
JREC-IN Portal Web応募
不可
 
電子メール応募
不可
求人機関
Web応募
不可
備考
Additional information

・東北大学は共同参画を推進しており、多様な人材の積極的な応募を歓迎しています。
・雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律第 8 条に基づき女性教員の在籍率を改善するための措置として、公正な評価に基づき職務に必要とされている能力が同等と認められる場合は、女性を優先的に採用します。
・東北大学には全学教職員が利用できる川内けやき保育園(定員 30 名)、青葉山みどり保育園(定員 116 名)および、星陵地区の方が利用できる星の子保育園(定員 120 名)があり、全国の国立大学の事業所内保育施設として最大規模の保育環境が整っています。 また、大学病院内に軽症病児・病後児保育室もあり、全学教職員が利用できます。
・その他、本学の両立支援、研究支援等の詳細及び共同参画の取組については、下記URLをご覧ください。
男女共同参画推進センターWEB ページ http://www.tumug.tohoku.ac.jp/


機関紹介サイト
Information on external site
当該機関の外部サイト情報を新規ウィンドウで表示します。