求人公募情報検索 : 研究者人材データベース JREC-IN Portal
     
トップ > 求人公募情報検索

求人公募情報検索


   キーワードで探す - 詳細情報


この公募は、JREC-IN Portal
からWeb応募できます。

データ番号
Data number
D119010588
公開開始日
Date of publication
2019年01月17日
更新日
Date of update
2019年04月15日
求人件名
Title
次席研究員(人事経済学・応用ミクロ計量分析)
機関名
Institution
早稲田大学
機関または部署URL
URL of institution or department

https://www.waseda.jp/fpse/winpec/

部署名
Department
現代政治経済研究所
機関種別
Institution type
私立大学
求人内容
Content of job information

早稲田大学現代政治経済研究所において、科学研究費基盤A研究課題【18H03632】「企業内データを用いた企業間生産性格差と労働政策課題の解明」(研究代表者:大湾秀雄政治経済学術院教授、2018~2022年)、研究交流事業「人事情報活用研究会」、民間企業との産学共同プロジェクトのため、下記の要領により、次席研究員(人事経済学・応用ミクロ計量分析)を公募します。

[機関の説明(募集の背景、機関の詳細、プロジェクトの説明等)]
現代政治経済研究所は、「現代日本の政治学・経済学的研究、およびこれに関連する政治学・経済学の基礎的研究を目的」として設立されました。その中の、人事経済学実証研究部会は、総合研究機構内の組織経済実証研究所と共に、科学研究費、産学交流事業、民間企業との共同研究資金を財源として、人事データなど企業内データの活用を通じた学術研究の推進、研究成果の社会への還元、および国内・海外の人事経済学分野の研究者ネットワーク構築を目指しています。構成メンバーは、政治経済学術院、商学学術院と外部研究機関からの招聘研究員です。

今回募集する研究員は、2018 年度から5年プロジェクトとしてスタートした科学研究費基盤A研究課題【18H03632】「企業内データを用いた企業間生産性格差と労働政策課題の解明」(研究代表者:大湾秀雄政治経済学術院教授)に参加して、人事経済学分野での実証研究を進めると同時に、研究交流事業において企業の人事担当者向けに行う講習会に講師として参加してもらいます。また、複数の産学共同研究の運営にも携わってもらいます。


[仕事内容(業務内容、担当科目等)]
人事経済学分野の実証研究としては、中間管理職の生産性、働き方改革の効果測定、健康経営の生産性効果測定、などに力を入れています。具体的な業務としては、以下の作業が挙げられます。
・収集した人事・業務データのクリーニング、データ解析
・論文の執筆(英語での執筆が出来ること)
・ 研究会、ワークショップ、シンポジウムの準備

上記の課題遂行のために、ミクロデータの実証分析の研究実績のある方、特に労働経済学分野知識が深い方が望まれます。人的資源管理論の研究者でも統計的手法に長けていらっしゃれば応募可能です。

企業向けの講習会を含む研究交流事業や民間企業との共同研究における業務には、以下の作業が含まれます。
・統計ソフトRを使った人事データ分析のための講習会講師(現時点でのRへの習熟は求めません)
・企業の人事担当者からの統計に関する問い合わせへの回答や報告会での発表への支援
・ホームページの更新

基本的には、講義(授業)は担当せず、研究と産学交流事業に専念していただきます。

また、このプロジェクトは国際的な共同研究や海外学会発表も行います。勤務評定によっては海外の研究機関や国際学会への派遣の機会も与えられます。


[勤務地住所等]
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田 1-6-1 早稲田大学早稲田キャンパス (東京メトロ東西線早稲田駅徒歩 5 分)

研究分野
Research field
1.
大分類
社会科学
小分類
経済学
2.
大分類
社会科学
小分類
経営学
職種
Job type
1.
研究員・ポスドク相当
2.
助教相当
勤務形態
Employment status
常勤(任期あり)
勤務地
Work location
関東 - 東京都 
応募資格
Qualifications

[業務に必要な特定分野の資格・条件(学位などを含む)・経験(何年以上)、及び専門性等の詳細]
着任時に他で本務を持たない者、かつ以下の全ての条件に該当していること。
(1)既に博士の学位を取得している方、又は2020年3月までに博士の学位を取得見込みの方。学位の種別は問いません。
(2)上記に示したプロジェクトおよび業務内容について、興味・熱意を持って従事できる方。

早稲田大学は、国際課、男女共同参画などダイバーシティの実現を推進しています。教員採用・昇進の人事審査において、国籍、性別、信条、障がいを理由とするいかなる差別も行なわないことを申し合わせています。


待遇
Compensation

[採用後の待遇(給与、勤務時間、休日、雇用期間、保険等)]
職名:次席研究員(講師・助教相当)
給与・通勤費:年俸制3,221,040円(1号)~5,783,880円(8号)。
本学規程により学位取得状況、業績、経験に応じて支給額が変わる。通勤手当支給。(退職金は支給しない)
社会保険等:厚生年金、健康保険、労災保険、雇用保険に加入
所定労働日および勤務時間(始業・終業時刻,休憩時間):本学規程による。なお、専門業務型裁量労働制を適用し、研究業務の性質上、業務遂行の手段及び時間配分の決定等については本人の裁量に委ねるものとする。
休日:土曜日、日曜日、年末年始、国民の祝日、国民の祝日の一部に授業を実施することにより設ける臨時の休業日および大学創立記念日。ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
休暇:労働基準法等法令に定められた休暇および大学が特に定めた日
任期:2023年 3 月まで(ただし、1 年毎に業績に基づく更新の審査があります。)
なお、資格に関わらず 2013 年 4 月 1 日以降に本学と雇用契約がある場合は、雇用期間や再任用の有無・期間について、上記の期間のとおりとならない場合があります



募集期間
Application period
2019年01月15日 ~  2019年05月31日 必着
開始、適任者が決まり次第、募集を締め切ります。
応募・選考・結果通知・連絡先
Application
/selection
/notification of result
/contact details

[応募方法(提出書類/郵送・メール添付・Web応募利用の詳細などの提出方法/住所・メールアドレスなどの送付先)]
応募書類は、郵送または JREC-IN の Web 応募によって提出してください。郵送の場合には、
表に「次席研究員応募」と朱書きし、簡易書留郵便にて以下の宛先に郵送してください。

〒169-8050 東京都新宿区西早稲田 1-6-1 早稲田大学 政治経済学術院 大湾秀雄

[応募書類]
(1)履歴書(様式自由(携帯電話番号、E-Mail アドレスを必ず記載)、研究業績一覧を含む)
(2)主要な研究業績 3点以内の別刷・コピー
(3)志望理由書(人事経済学に対する関心やプロジェクトに対してどのような貢献ができるかについての記述も含む)
(4)所見をうかがえる方 2 名の連絡先

※ 書類選考合格者は、面接試験時に大学院の成績証明書、学位取得証明書等の追加書類を提出していただきます(詳細は、書類選考合格通知でお知らせします)。さらに、採用になった場合には、早稲田大学所定様式にて履歴書・教育研究業績等を再提出していただきます。
※ 応募書類等は返却せず、本選考の用途の限り使用し、選考終了後に責任を持って処分いたします。個人情報を第三者に開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。


[選考内容(選考方法、採否の決定)、結果通知方法]
(1)第 1 次選考(書類選考)
応募書類受領後順次選考を開始し、選考結果は、本人宛へ電子メールにて通知します。
(2)第 2 次選考(面接試験)
第1次選考合格者には順次面接(遠方者はビデオ通話を用いた面接)を行います。実施日は応相談。第 2 次選考の結果は、応募書類受領後遅くとも2か月以内にお知らせする予定です。 より早い決定結果の開示を望まれる場合は、個別にご相談ください。

※選考に関わる交通費等の諸経費については、すべて応募者の負担とします。
※応募書類は返却しません。


[連絡先(担当者所属、役職、氏名、e-mail、電話番号)] ※重要
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田 1-6-1
早稲田大学 政治経済学術院 教授 大湾秀雄
Email: owan*waseda.jp
(*を半角@にしてご使用ください)
プロジェクトや業務の内容等についてご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。



JREC-IN Portal
Web応募
JREC-IN Portal
Web application

機関紹介サイト
Information on external site
当該機関の外部サイト情報を新規ウィンドウで表示します。
 

この公募は、JREC-IN Portal
からWeb応募できます。