求人公募情報検索 : 研究者人材データベース JREC-IN Portal
     
トップ > 求人公募情報検索

求人公募情報検索


   キーワードで探す - 詳細情報



データ番号
Data number
D120050104
公開開始日
Date of publication
2020年05月11日
更新日
Date of update
2020年05月15日
求人件名
Title
教員の公募(現代日本語学・日本方言学分野:准教授又は助教)
機関名
Institution
広島大学
機関または部署URL
URL of institution or department
部署名
Department
広島大学学術院(大学院人間社会科学研究科)
機関種別
Institution type
国立大学
公募のURL
Job posting URL
求人内容
Content of job information

[機関の説明(募集の背景、機関の詳細、プロジェクトの説明等)]
所属(配属):広島大学学術院(大学院人間社会科学研究科),教師教育デザイン学プログラム 

[職名・人員]准教授又は助教 1名
※採用時の業績審査により,テニュア教員(准教授),テニュアトラック教員(准教授,助教)のいずれかに決定


[着任時期]
2021年4月1日

[任期又は有期雇用契約期間]
【テニュアトラック制適用の場合】
テニュアトラック期間:7年(准教授の場合)または5年(助教の場合)

(1)広島大学のテニュアトラック制に関する規則に基づき,テニュアトラック期間が満了する6月前までに准教授でのテニュアを付与するかどうかのテニュア審査を行い,これに合格すればテニュアを付与します。テニュア審査は,中間審査及び最終審査により行います。
(2)最終審査の結果,テニュアを付与しなかったときは,テニュアトラック期間の満了をもって退職となります。
(3)テニュアトラック期間に出産・育児・介護のライフイベントが 
あった場合には,休業期間に応じテニュアトラック期間を一定期間 延長することができます。

[専門分野]
現代日本語学・日本方言学


[仕事内容(業務内容、担当科目等)]
担当科目
(1)教養教育科目:教養ゼミ 等
(2)学部(専門教育科目):国語文化基礎ゼミ・国語文化概論A,現代国語文化演習A,現代国語文化研究A,国語文化研究法V,卒業論文 等
(3)大学院(博士課程前期):言語・コミュニケーション表現と学習材デザイン基礎研究(国語),言語・コミュニケーション表現と学習材デザイン発展研究(国語) 等
(4)大学院(博士課程後期):教師教育デザイン学特別研究 等
(5)この他,教養教育科目や他の学部・大学院の専門教育科目,全学事業も担当することがあります。


[勤務地住所等]
〒739-8524 広島県東広島市鏡山一丁目1番1号

[募集人員]
1名

[勤務形態]
(1)勤務時間 8:30〜17:00(月〜金),休憩時間12:00〜12:45
専門業務型裁量労働制の適用に同意した場合は,1日7時間45分,1週間38時間45分働いたものとみなされます。
(2)勤務日は,原則として月曜日から金曜日(祝日を除く。)です。
(3)休日は,原則として土曜,日曜,祝日となります。

研究分野
Research field
1.
大分類
人文学
小分類
言語学
職種
Job type
1.
准教授・常勤専任講師相当
2.
助教相当
勤務形態
Employment status
常勤(テニュアトラック)
採用時の業績によりテニュア教員,テニュアトラック教員のいずれかに決定
勤務地
Work location
中国 - 広島県 
応募資格
Qualifications

次の要件をすべて満たす者
(1)博士の学位(外国において授与されたこれに相当する学位を含む。)を有すること。
(2)准教授の場合は,著書(単著)1冊以上または論文10 編(うちレフェリー付き論文
3編以上を含む)以上の業績を有すること。
助教の場合は,論文3編以上の業績を有すること。
(3)日本語で教育・研究指導および学内業務ができること。
(4)大学院博士課程前期における教育・研究指導ができること。
(5)国語教育に関して,興味・関心・理解があること。

待遇
Compensation

[給与等]
(1)採用となった方には,年俸制(2020年4月施行の新制度)が適 用されます。
(2)採用となった方には,本学の規則に基づき,採用に伴う旅費を 支給できる場合がありますのでお問い合わせください。
(3)文部科学省共済組合保険に加入することになります。


[評価]
本学の教員には,採用以降の業務実績について個人評価を行い,その結果を点数化し,処遇へ反映します。

募集期間
Application period
2020年05月11日 ~  2020年07月31日 必着
応募・選考・結果通知・連絡先
Application
/selection
/notification of result
/contact details

[応募方法(書類送付先も含む)]
応募書類:
(1)履歴書(市販用紙を使用,写真貼付)。過去5年間に広島大学で雇用(TA,RA,研究員等を含む)されたことがある場合は,漏らさず記載してください。
(2)研究業績一覧(各研究業績に番号を付け,審査付論文の番号にはアンダーライン,主要研究業績5点には番号の冒頭に*印を付けること。)
(3)主要な研究業績5点(別刷又はコピー,著書)
(4)教育上の主要な業績
(5)社会貢献に関わる主要な業績
(6)大学等における管理運営に関わる主要な実績
(7)最近5年間における外部資金の獲得状況
(8)研究・教育に対する抱負と中長期計画(2,000~3,000字)
(9)ResearcherIDまたはORCID情報(様式任意)
※Clarivate Analytics社またはORCID webページより取得が可能。
※上記(1)~(9)の応募書類は日本語で作成し,紙媒体と電子ファイル(Word ファイルまたはPDF ファイル,CD-ROM またはUSB メモリに保存)の両方を提出すること。ただし,研究業績の現物のうち書籍については,この限りでない


[応募書類送付先]
〒739-8524 広島県東広島市鏡山1-1-1
広島大学大学院人間社会科学研究科 教授 佐々木 勇
※封筒の表に「大学院人間社会科学研究科(教師教育デザイン学プログラム)教員応募書類在中」と朱書し,書留郵便で送付してください。


[選考内容(選考方法、採否の決定)、結果通知方法]
(1)書類審査
(2)必要に応じて面接を行うことがあります。面接を行う場合は, 原則として,日本語による模擬授業を行います。ただし,交通費等 は支給できませんので,あらかじめ御了承ください。なお,書類 審査通過者に面接を行う場合は,その形式について,別途連絡し ます。


[連絡先(担当者所属、役職、氏名、e-mail、電話番号)]
広島大学大学院人間社会科学研究科研究科
教授 佐々木 勇
TEL:082-424-7054 FAX: 082-424-5243
E-Mail:isasaki@hiroshima-u.ac.jp




電子応募
Online Submission
この公募は、電子応募できません。
JREC-IN Portal Web応募
不可
 
電子メール応募
不可
求人機関
Web応募
不可
備考
Additional information

その他  
(1)試用期間:あり(6月間)
(2)応募書類により取得する個人情報は,採用者の選考及び採用後 の人事・給与・福祉関係に必要な手続に利用するものであり,こ の目的以外で利用又は提供することはありません。なお,採用に 至らなかった方の応募書類は,当該採用選考業務終了後,適切な 方法にて返却いたします。
(3)広島大学では全ての大学教員は「学術院」に所属し,学部,研 究科,研究院,病院などの教育研究組織に配属されます。教員は 配属された教育研究組織の教育・研究に従事することになります が,教養教育科目や他の教育研究組織の教育・研究,全学事業を 担当することもあります。
(4) 広島大学では教員の分野ごとに採用最低基準を定めていま  す。人事選考過程の第一次選考において本基準を適用し,最低基 準を満たした方を選考対象といたします。本公募で適用する採用 最低基準は以下のURLに掲載しています。
https://www.hiroshima-u.ac.jp/employment/kyoinkobo/
(5)広島大学では本人事以外にも本学の求人情報(研究職,事務職 等)を提供しています。配偶者が就業を希望される場合等にご参 照ください。
 求人情報:https://www.hiroshima-u.ac.jp/employment
(6)本学は,世界ランキングトップ100 に向けた本学の中長期的 な成長を目指し,優れ た研究人材の確保・育成を図るととも に,教員の年齢別構成の改善を図るため特に若手教員,女性教員 及び外国人教員等の活躍の場を全学的に拡大し,教育研究を活性 化していく予定です。このことを踏まえ,今回の公募は若手研  究者の応募を希望します。
--------------------------------------------------
 このたび,広島大学は現代日本語学・日本方言学分野において,広島大学における「優れた大学教員の確保・育成のための方針~若手教員が安心して活躍する大学に~」に基づき雇用する教員1名(准教授又は助教)を国際公募します。
 この公募により雇用する教員の職名は,採用時の業績審査により,准教授(テニュア(終身在職権)),テニュアトラック教員(准教授,助教)のいずれかに決定します。テニュアトラック教員として雇用された場合で,テニュアトラック期間満了までにテニュア審査に合格することを条件として,准教授としてテニュア(終身在職権)を取得できる新たなポストとなっています。新たな分野を切り開く研究計画提案のもとに,腰を据えて教育研究に専念していただくことを前提としています。
 したがって,採用時の審査においては,それまでの教育研究業績の審査に加え,テニュアトラック期間に留まらず10年程度の中長期的な研究計画の内容について審査します。テニュア審査においては,その過程の到達度と将来の展望を加味して総合的に審査します。広島大学は,採用されたテニュアトラック助教に対して,スタートアップ支援経費を措置します。また,メンター教員の配置等により教員が自立して研究活動を行うことのできる環境を整備しています。なお,テニュアが付与されなかった場合に,テニュアトラック期間の満了する日の翌日から1年を限度として,特任教員として雇用できる環境も整えています。
 広島大学の理念,長期ビジョン,中期目標(https://www.hiroshima-u.ac.jp/about)にご賛同いただき,広島大学の教育研究を背負ってご活躍いただける意欲のある方をお待ちしております。
                   広島大学長 越智光夫

2020.5.14:選考方法について,「英語による模擬授業を行います」から「日本語による模擬授業を行います」に修正しました。
2020.5.15:公募に係るURLを修正しまいした。


機関紹介サイト
Information on external site
当該機関の外部サイト情報を新規ウィンドウで表示します。