求人公募情報検索 : 研究者人材データベース JREC-IN Portal
     
トップ > 求人公募情報検索

求人公募情報検索


   キーワードで探す - 詳細情報



データ番号
Data number
D122121203
公開開始日
Date of publication
2022年12月17日
更新日
Date of update
2022年12月17日
求人件名
Title
ファイナンス分野
機関名
Institution
立命館アジア太平洋大学
機関または部署URL
URL of institution or department
部署名
Department
国際経営学部
機関種別
Institution type
私立大学
公募のURL
Job posting URL
求人内容
Content of job information

[担当科目等]
●学部科目「コーポレート・ファイナンス」、「金融デリバティブ」または「国際金融論」を担当できる方。
●日本語または英語のどちらかで教育ができる言語能力を有する方。
●その他の担当科目については、候補者の職歴、研究分野、興味、大学の教育ニーズなどを考慮し、協議の上決定します。
●職務には、学術誌への発表、学生の研究およびプロジェクトの指導、大学行政への参画などが含まれます。
●候補者は、英語でのコミュニケーションと対話ができることが望まれます。

APU では原則、同じ学部科目を日英両クラスで開講し、大学院科目は英語のみで開講しています。なお学内の公務は、英語または日本語で行われます。

[勤務地住所]
大分県別府市十文字原1丁目1番

[募集人数(職名・採用人数等)]
募集人数:2名 准教授または助教
※任用職位は業績、経験等に応じ、任用決定時に通知します。

[着任時期]
2023年10月1日もしくは2024年4月1日

研究分野
Research field
1.
大分類
社会科学
小分類
経営学
職種
Job type
1.
准教授・常勤専任講師相当
2.
助教相当
勤務形態
Employment status
常勤(任期あり)
任用期間につきましては待遇欄をご参照ください。
勤務地
Work location
九州・沖縄 - 大分県 
応募資格
Qualifications

[業務に必要な特定分野の公的資格・条件・経験、及び専門性等の詳細]
応募条件
以下の①もしくは②、および③~⑤を満たす方。
①当該分野の博士号取得者(または着任後1年以内に取得見込みを含む)であり、査読付き学術誌に論文を発表した経験を有すること。ABD (All But Dissertation) の場合は、学位論文計画書の審査に合格し、学位請求論文提出資格を有していること。
②担当業務に関連する分野の修士号を有し、企業、政府機関、国際機関等の幹部として 5 年以上の実務経験を有すること。担当分野のコンサルティング、書籍・論文の出版等の経験を有すること。
③講義で使用する言語(英語もしくは日本語)に流暢であること。英語および日本語の両言語で指導可能であることが望まれますが、必須ではありません。
④文化的・学問的に多様な本学において働く能力と意欲を有すること。
⑤学びの質保証と、AACSB・AMBA 等の外部機関認定の基準を満たすことへのコミットメントを示すこと。

待遇
Compensation

[採用後の待遇(職名、給与(賃金)、勤務時間、雇用形態、雇用期間・試用期間)] ※重要
[雇用条件]
本学規程による。月給およびボーナスを支給する。研究支援制度(個人研究資料費、研究旅費の支給)あり。移転手当、住宅手当、教育・養育費補助、通勤手当も利用可。教員のほとんどが別府市に居住していますが、大分市や福岡市に居住している教員もいます。

[任用期間]
●教員:定年まで(日本の法律では、教授は 65 歳、准教授は 60 歳が定年です(定年後、特別雇用教員、継続雇用教員として再任用可)
●任期制教員:5 年(大学教員の任期等に関する法律による)

[担当授業時間]
●准教授:通年平均 5 授業時間/週(1 授業時間は 100 分)
●助教:通年平均 4 授業時間/週(1 授業時間は 100 分)

募集期間
Application period
2023年03月27日 必着
2023年3月27日(月)23:59 ※日本時間
応募・選考・結果通知・連絡先
Application
/selection
/notification of result
/contact details

[応募書類、応募方法、送付先]
提出書類: 各1部提出のこと。
①~⑥、⑧、⑫の様式および記入要領は下記ホームページよりダウンロードしてください。
URL: www.apu.ac.jp の 「採用情報」
①個人調書(PDF データと Microsoft Word データの両方) 【所定様式 1】
「本人の署名または記名捺印した PDF データ」と「Microsoft Word データ(署名捺印は不要。)」の両方を提出してください。
②教育研究業績書(Microsoft Word データ) 【所定様式 1】
Microsoft Word データを提出してください。
③主要教育・研究プロジェクト等実績書(Microsoft Word データ) 【所定様式 2】
Microsoft Word データを提出してください。
④言語能力申告書(Microsoft Excel データ) 【所定様式 3】
Microsoft Excel データを提出してください。
⑤担当可能科目リスト(Microsoft Excel データ) 【所定様式 4】
Microsoft Excel データを提出してください。
⑥志望理由書(「立命館アジア太平洋大学への抱負」等について) 【所定様式 5】
Microsoft Word データを提出してください。
⑦主要な業績(著書または論文)計 3 点の PDF データ
(2 点以下でも可、ABD は論文計画書も可。)
⑧上記⑦の概要(英語で各 A4 用紙 1 枚以内) 【所定様式 6】
Microsoft Word データを提出してください。
⑨推薦状 2 通 【様式自由】
推薦状には、本人と推薦者との関係を明記すること。
なお、推薦者に「apm-ap@apu.ac.jp」のメールアドレスに
推薦状を送信するようにお願いをしてください。
推薦者から直接送信された推薦状のみ受け付けます。
⑩照会者 3 名の連絡先 【様式自由】
実務家や大学の研究者ではない志願者は、所属する業界から少なくとも
1 名の連絡先を提出してください。なお、提出する連絡先に推薦状の推薦者
を含んでも構いません。
⑪最終学歴の証明書の PDF データ(学位記の写しでも可)
ABD の場合は、ABD であることを証明できるもの
⑫提出書類確認票(Microsoft Excel データ) 【所定様式 7】
Microsoft Excel データを提出してください。

①~⑧および⑩~⑫を下記「提出書類の送信先」のメールアドレスに送信すること。
[注意]
※上記①~⑥については、日英で提出することが望ましい。
※提出するファイルは全てパスワードをかけること。また、パスワードはファイルの送信後、速やかにファイルを送信したメールとは別のメールで「提出書類の送信先」のメールアドレスに送信すること。
※提出する全てのファイルのファイル名の先頭に【氏名】を付けること。
※審査過程で、必要な場合、教育研究業績の追加的提出を求めることがあります。
※採用決定後、(日本政府の規則により)本学所定の書式による健康診断を受けて結果を提出していただく必要があります。
※提出書類は返却いたしませんので、予めご了承ください。なお、応募においてご提供いただいた個人情報は、本学の規程に従って適切に管理し、採用選考以外の目的には使用いたしません。

[提出書類の送信先]
E-mail: apm-ap@apu.ac.jp
件名「APM(ファイナンス分野)応募書類の提出」
※上記のメールアドレスへの送信は提出書類の提出時のみとしてください。ご質問等は下記「お問い合わせ先」のメールアドレスに送信をお願いします。

[問い合わせ連絡先(担当者所属、役職、氏名、機関のメールアドレス及び、電話番号)] ※重要
照会先:立命館アジア太平洋大学 アカデミック・オフィス
E-mail:frecruit@apu.ac.jp
件名「APM (ファイナンス分野)」
※提出書類を上記のメールアドレスへ送信しないでください。提出書類の提出は「apm-ap@apu.ac.jp」のメールアドレスに送信をお願いします。

[選考内容(面接・選考の場所、選考方法、採否の決定など)]
①一次選考
書類審査
②二次選考
面接審査および模擬講義

添付書類
Attached documents
電子応募
Online Submission
この公募は、すべての応募書類を電子応募で受け付けできます。
JREC-IN Portal Web応募
不可
 
電子メール応募
apm-ap@apu.ac.jp
求人機関
Web応募
不可
備考
Additional information

[任用職種]
●教員(テニュア、任用時 65 歳未満)
●任期制教員(テニュア・トラック、任用時 65 歳未満)※助教は、テニュア・トラック制度は採用時点で適用されませんが、テニュア・トラックに変更できる可能性があります。詳細は下記を参照ください。

[テニュア・トラック制度]
本学では、テニュア・トラック制度により採用された任期制教員(准教授)を対象に、任用後 3 年目をめどに、教育・研究・大学行政等の実績などについて学内審査を行います。審査の結果、学内規程による審査基準を満たした場合には、任期を定めず定年まで雇用する職種(テニュア教員)への職種変更のうえ再雇用を行うものです。

[助教]
本学では、博士取得後の期間が短い、もしくは博士取得直前の方を教員として雇用し、育てる職位として助教制度を運用しています。助教任用後、教育・研究等の実績などについて学内審査を行います。審査の結果、学内規程による審査基準を満たした場合には、任期制准教授へ昇任されます。この任期制准教授にはテニュア・トラック制度が適用されますので、上記【テニュア・トラック制度】に則りテニュア教員への職種変更が可能です。

[その他]
①書類審査を通過した応募者は、採用審査の面接に際して、研究についてのプレゼンテーション、および面接担当者を学生に見立てた模擬講義を行って頂きます。
②立命館アジア太平洋大学は、キャンパス全面禁煙となっております。喫煙スペースは学内に設けておりません。
③本学は多様性を重視しています。多様な経歴や実務経験をお持ちの方からのご応募をお待ちしております。


機関紹介サイト
Information on external site
当該機関の外部サイト情報を新規ウィンドウで表示します。