求人公募情報閲覧

募集終了

勤務地 : 近畿 - 京都府

研究分野 : 自然科学一般 - 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論 / 自然科学一般 - 応用数学、統計数学 / 自然科学一般 - 数理物理、物性基礎 / 自然科学一般 - 磁性、超伝導、強相関系

公開開始日 : 2023年11月24日

募集終了日 : 2023年12月15日

更新日 : 2023年11月24日

理学研究科 数値計算物理学特別講座 特定助教

D123111896

国立大学

助教相当 : その他 / 任期あり / テニュアトラック以外 / 試用期間あり

業務内容

  • 募集の背景、プロジェクトの説明

    本特別講座は主に基盤研究(A) 「世界体積ハイブリッドモンテカルロ法によるQCDの相構造と実時間ダイナミクスの解明」(代表者 福間将⽂)の推進を目的として、京都⼤学⼤学院理学研究科に設置されたものです。

  • 仕事内容・職務内容

    数値計算物理学の研究。とくに符号問題を中⼼とするアルゴリズム開発を⾏い、数値計算物理学の新たな分野の開拓につながる研究を⾏う。また、研究内容に沿った⼤学院⽣指導を⾏う。

  • 配属部署

    既設部署

    理学研究科 数値計算物理学特別講座 特定助教

職種

  • 助教相当

研究分野

  • 自然科学一般 - 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論
  • 自然科学一般 - 応用数学、統計数学
  • 自然科学一般 - 数理物理、物性基礎
  • 自然科学一般 - 磁性、超伝導、強相関系

給与

  • 年収 : 300万円 ~ 400万円

勤務時間

  • 就業時間 : 09:00-17:00

    休日 : ⼟・⽇曜⽇、祝⽇、年末年始、創⽴記念⽇

    時間外勤務、その他説明 : 専門業務型裁量労働制(週38時間45分相当、1⽇7時間45分相当)

募集要項

応募資格

  • 応募に必要な学歴・学位

    博士

雇用形態

  • その他

    京都大学 特定有期雇用教員

契約期間

  • 任期あり - テニュアトラック以外

    勤務実績により年度毎の更新可(最⻑、令和9年3⽉31⽇まで)

    試用期間あり

    6カ月

勤務地

  • 〒606-8502 京都府 京都市左京区北白川追分町 京都大学 大学院理学研究科

待遇

  • 加入保険

    健康保険 : あり

    厚生年金保険 : あり

    労災保険 : あり

    雇用保険 : あり

  • 就業場所における受動喫煙防止のための取組事項

    屋外では喫煙場所に指定された場所を除き喫煙を禁⽌するなど、受動喫煙の防⽌を図っています。

応募上の配慮

面接実施に関しての配慮(海外など遠方にお住まいの方、他)

海外など遠隔地にお住まいの⽅との⾯接はオンラインで⾏います。

採用人数

1名

募集期間

2023年11月24日~2023年12月15日 必着

応募方法

  • 応募書類

    その他の電子応募書類
    [応募書類]
    1. 履歴書(写真付き、連絡先情報・着任可能時期を明記)
    2. 研究業績リスト(主要論文(5編以内)に印をつけること)
    3. これまでの研究概要と着任後の研究計画
    4. 応募者について問い合わせできる方2名(氏名・連絡先)の情報
    なお、出産、育児または介護により研究を中断した期間がある場合は、応募者の申し出により、研究業績の審査において考慮しますので、その旨を記入してください。

    [書類送付先]
    上記1~4の書類を一つにまとめたpdfを電子メールにて下記のアドレスへ送付
     apply-comp@gauge.scphys.kyoto-u.ac.jp 宛
    Subject 欄は「数値計算物理学特別講座助教」とし、ファイル受領の返信を必ず確認のこと。
    宛先は
     京都大学大学院理学研究科 物理学第二教室 福間将文

  • 応募書類の返却

    応募書類はすべて当方にて責任を持って廃棄いたします。

  • ※募集期間外です。

JREC-IN Portal Web応募
不可
電子メール応募
apply-comp@gauge.scphys.kyoto-u.ac.jp
求人機関Web応募
不可

選考・結果通知

  • 選考内容

    書類選考 (加えて、⾯接をお願いする場合があります)

  • 結果通知方法

    ⾯接後10⽇以内にメールにてご連絡します。

連絡先

京都大学

大学院理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻

福間 将文

0757533856

fukuma@gauge.scphys.kyoto-u.ac.jp

備考

戻る